« 再帰的評価関数作成中その2 | トップページ | デバッグ用処理、環境構築など実施 »

2004/12/01

まだ再帰的評価関数作成中

私は麻雀の組み合わせ数を侮ってしまう傾向があるようでたびたび性能問題で悩まされる。

再帰的評価関数のアルゴリズム高速化処理実施中。手牌解析部分の処理で無駄な組み合わせを刈り取る処理を追加した。かなり高速化したがまだ遅い。あと5倍は早くしないといけない。
やはり先日のパート2でやるしかないのかもしれない。でも本当に手牌解析処理がボトルネックなのだろうか。手牌解析以外にボトルネックがあるとは考えにくいのだが確証がない。C++Builderで性能のボトルネック箇所をチェックするツールがあるとだいぶ楽なんだが。Linuxに持っていってgprofを利用することも考えないといけないのかもしれない。

総ステップ数:4400

|

« 再帰的評価関数作成中その2 | トップページ | デバッグ用処理、環境構築など実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/2118205

この記事へのトラックバック一覧です: まだ再帰的評価関数作成中:

» LHAによる圧縮と解凍のプログラム [エンジニアは健康第一]
日本人であれば、誰しも LHA形式(LZH形式)によるファイル圧縮を行ったことがあるのではないだろうか? 今回は、LHA(LZH)形式による圧縮/解凍プログラムを紹介する。 �まずは UnLha32 を用意する ー記のサイトからUnLha32をダウンロードする。   Micco's HomePage ..... [続きを読む]

受信: 2005/07/31 11:58

« 再帰的評価関数作成中その2 | トップページ | デバッグ用処理、環境構築など実施 »