« 途中流局の処理ほぼ完了 | トップページ | 点数移動処理とバグ修正 »

2005/06/09

送り槓禁止の処理作成

このゲームでは送りカンを禁止するルールを採用したいのだが、そのパターンを見つけるためのアルゴリズムを作成した。
14枚持っている状態のテンパイ形を(カンをしないものとして)4面子1雀頭候補にする。(多面待ちなどがあるため複数の候補の分け方がある場合もある)
4面子1雀頭候補に分類するとテンパイ状態では1牌が余剰牌になるのだが、送りカンになっていないかどうかを判定したい牌がどの候補でも必ず余剰パイになっていれば、送りカンではないのでカンできると判定できる。(はず多分)

2005/7/10追記
上記ではだめでした。
六七七七七⑤⑤⑦⑧⑨123ツモ六
六六七七七⑤⑤⑦⑧⑨123ツモ七
の二つが判断できない。
ツモった牌がアンカンの対象か?また、手牌(13枚状態で)テンパイしている4面子1雀頭の候補(複数ある場合あり)に分割したとき、積もった牌が常にアンコになっているかどうかを見るように修正。

|

« 途中流局の処理ほぼ完了 | トップページ | 点数移動処理とバグ修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/4476191

この記事へのトラックバック一覧です: 送り槓禁止の処理作成:

« 途中流局の処理ほぼ完了 | トップページ | 点数移動処理とバグ修正 »