« 却って弱くなったような気がする | トップページ | ちっとも進まん »

2005/07/09

期待値版評価関数の4人麻雀化

鳴くべきか門前リーチを目指すべきか判断するために、速さと高さをより正確に評価する必要がある。

そのために、まずは現状の門前用の評価関数を改造する。
現状は一人麻雀用の評価関数を4人分の河に出ている枚数を考慮するように修正しただけだが、和了順目分布、裏ドラ、一発、ツモ/ロン比率を考慮するように改造する予定。

まずは、1局当たりのツモ回数の確率分布を東風荘の牌譜から統計をとり、(自分は上がっていない前提で)、3人分に補正し、そのデータを評価関数に組み込むところまで作成した。

今回の牌譜解析のような使い捨てプログラムをC++で書くのは牛刀を持って鶏を割くようなものなんで、Rubyの本を買ってきてお勉強。美しい言語ですなRuby。正直驚いた。

明日は裏ドラ、一発、ツモ/ロン比率について作成していきたい。

|

« 却って弱くなったような気がする | トップページ | ちっとも進まん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/4886358

この記事へのトラックバック一覧です: 期待値版評価関数の4人麻雀化:

« 却って弱くなったような気がする | トップページ | ちっとも進まん »