« まだまだアップデートは続けます。 | トップページ | 科学する麻雀第2弾 »

2007/01/01

2006年東風荘成績

私の2006年の成績。
プレイしたのは第2超オンリーで安定R2046。1月から6月までやんなるほど立直和了率が低かったけど、後半取り戻して結果的には落ち着くべきところに落ち着いた感じ。
Result2006
これでも私としては、だいぶ上達した方。
まだまだ、東風荘の一流雀士には足元にも及ばないけど。

* * * * * *
ようやく仕事が一段落したと思ったら、ノロウィルスっぽい症状で1週間近くダウン、さらに個人的に裁かなければならない用件がたまりまくっているのでなかなか時間が取れない状況。
少しずつ今作っている部分を見直しているけれど、単純なバグがちらほらと見つかった。
そして、今やってる鳴き対策のアルゴリズムは結構問題山積。データもぜんぜん足らないし、データをどういった切り口で整理するかも結構難しい。混一複合率の予測にパーセンテージも思った値より低く出てしまう。
それに、ブラフの鳴きに単純に引っかかってしまうようではゲームとして破綻してしまうし……
どこかで、妥協する必要が出てくるかも。

|

« まだまだアップデートは続けます。 | トップページ | 科学する麻雀第2弾 »

コメント

大変楽しく打てました。牌譜は残せないんでしょうか?牌が小さすぎるのでもっと大きいほうがいいです。目が疲れるので長く打てません。卓の緑色も自分の好きな色に変更できたほうがいいと思います。黒いほうが目が疲れずに長く打てると思います。  すごくいいソフトだと思いますので改良されたらもっともっと打ってみたいと思います。l

投稿: おばけおばけ | 2007/01/12 21:43

どもありがとうございます。
ご指摘いただいた点については比較的優先度を上げて改良したいと思ってます。
いかんせん私がノロマなのですぐには出来ないとおもいますが今やってる鳴きの攻防の次あたりの優先度で作業したいと考えています。

投稿: kmo2 | 2007/01/14 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/13285756

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年東風荘成績:

» ブラフ [テレビゲームを中心にご紹介]
ブラフブラフ (BLUFF) は、ドイツのボードゲーム、ダイスゲームである。ライアーズ・ダイス (LIAR'S DICE) の名で発売されていたゲームも、ほぼ同内容。全員がサイコロを振り、場全体での出目を当てるゲーム。予想はだんだんとつり上がり、確率計算を超える面白さがある。作者は、Richard ...... [続きを読む]

受信: 2007/01/04 02:22

« まだまだアップデートは続けます。 | トップページ | 科学する麻雀第2弾 »