« 麻雀は奥の浅いゲーム | トップページ | 期待値型麻雀評価関数のジレンマ »

2007/12/26

新旧アルゴリズムの打牌の相違

一向聴のとき一手替わりまで読むようにしたアルゴリズムを一人麻雀に組み込み、旧アルゴリズムと打牌の違いを比較してみた。まだ、数値自体はバグがあり、新アルゴリズムは低い値がでるけど、打牌自体に違いはないはず。

裏ドラ一発なし、親で18打まで必ずあり、ロンなしの一人麻雀の条件。

私の意見も書いているけど正直自信なし。ぜひコメントください。

その1
Nanikiru01

旧: 打7索
新: 打2萬

私は7索切ると思うけど……新アルゴリズムは、役なしテンパイになる2萬を捨てて3色への変化を見てるっぽい。

その2
Nanikiru02

旧:打6索
新:打1萬

私だったら何切るだろう……やっは6索かな。下手すると、あせって8索とか切っちゃうかも。
新アルゴリズムは断ヤオへの変化を見てる!?

その3
Nanikiru03

旧:打9筒
新:打4筒

ま、これは、4筒切るかな私も。(その前に3打前のドラ切りが気になるけど)

その4
Nanikiru04
旧:打6萬
新:打7索
うーん。私なら6萬だなやっぱ。
新アルゴリズムは平和、一盃口または、三色 を見てる!?

その5
Nanikiru05
旧:打2萬
新:打4筒

これは私も新アルゴリズムと同じ意見。

* * * *

全体的に、私の感覚では、新アルゴリズムは、手変わりを重視しすぎてる気がするけど、自信なし。私自身の打ち方が和了率はそこそこ高いけど、素点が低くいタイプだからなあ。っていうか、旧アルゴリズムを見て、自分の打ち方を変えてるから、私の感覚が、旧アルゴリズムに近い価値感になってるのかも。

ただ、裏ドラなし、振込みなしというのが相当に評価値に影響してるはず。そこらへんを修正した4人麻雀用の評価値でも試してみる予定。

|

« 麻雀は奥の浅いゲーム | トップページ | 期待値型麻雀評価関数のジレンマ »

コメント

その1 7s
慣習で7s切ってしまう。
巡目が深くなるほど7s切り有利になりそうだから、
局終了巡目が小さくなる4人麻雀だと変わるかな。
あとウラドラも。

その2 1m
実戦だと打てないこともある1m(笑)いい手だなぁ。
2m6m8sポン等からクイタン移行を考慮できるならかなり巧手かと。

その3 4p
これも一通変化見落としそうだ・・・

その4 6m
シャボ受けが1p西で、(4麻の場合)強いのでこちらを選択。
シャボ受けが弱い場合7s打つと思います。
一人麻雀だと、やっぱり7sかしらん。

その5 2m
私だけΣξ・∀・≡・∀・ξ
なんとなく、でございます。


全体的に、人間でも即答しにくいような役変化を考慮できるよう改良された印象を受けます。
あとはいかに4人麻雀にマッチするか(させるか)ですなぁ。

投稿: まほ公 | 2007/12/26 04:41

どうもありがとうございます。参考になります。

>あとはいかに4人麻雀にマッチするか(させるか)ですなぁ。

ここが肝心ということになりそうですね。今は結構雑な計算なんですが、果たしてどうなるか……

投稿: kmo2 | 2007/12/26 23:32

 研究御疲れ様です。
 すごそうです、、、。

 良い刺激になりました。
 私も早く「科学する麻雀」(+α)をベースにした
  一向聴シミュレータを作って、この周辺の数値計算をしようと思います。

投稿: MeaninglessX | 2007/12/27 01:23

その1.
速度重視の7索か打点重視の2萬で、自分なら後者を選択しますね。打点重視派なのでw
ただ、面前1役(今回はドラ1)は十分な勝負手なので、ここは速度重視の方が得点期待値は上だと思います。
河を見ると、ドラの受け入れを否定する8萬切りが気になります。

その2.
これは1萬が速度も打点も上回ると思います。
聴牌チャンスは6索切りと互角ですが、聴牌時にイーペーコーがつきやすいこと、タンヤオへ移行できることがその根拠です。
河を見ると、両面を否定したのか5萬切りが気になります。

その3.
これは4筒が速度も打点も上回ると思います。
聴牌チャンスは9筒切りと互角ですが、一通か三色に移行できることがその根拠です。
河を見ると、ドラの8筒切りが気になります。

その4.
速度重視の6萬か打点重視の7索で、自分なら後者を選択しますね。
前者を選んで平和崩れのノミ手聴牌は自分の攻撃基準である面前1役に足りませんし、イーペーコーや三色を否定したくありません。
河を見ると、ドラの受け入れを否定する3萬切りが気になります。

総括.
自分の印象では、1向聴時の打牌は(自分の打ち方に全て一致したという意味で)改良されているように感じます。
ただ、2向聴以前の打牌が「手を縦にまとめすぎ」だと思います。要するに、対子を可愛がり過ぎる余り、速度も打点も落としているのではないか、と。
新旧アルゴリズム同士の対戦データが見たいですねw

投稿: 天 | 2007/12/27 23:14

MeaninglessX さん
がんばってください。

天さん
細かいコメントありがとうございます。
割と似た感じ打ち方になるようですね。
2向聴のときに縦にまとめすぎなのはご指摘のとおりで、現行の方法だと手代わりまでは期待値計算しきれないのです、何らかの改善を考えたいですが、まだすぐにと言うわけにはいかないです。
新旧アルゴリズムの対戦は実施する予定です。

投稿: kmo2 | 2007/12/28 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/17481378

この記事へのトラックバック一覧です: 新旧アルゴリズムの打牌の相違:

« 麻雀は奥の浅いゲーム | トップページ | 期待値型麻雀評価関数のジレンマ »