« ゲームの木と、鳴きへの変化を考慮した評価関数 | トップページ | あなたは何%麻雀のことを分かっていますか? »

2008/02/18

根本が間違ってるのかも

まほ公さんから、高い手ねらいすぎるといわれて原因を考えている。

最初は単にリーチ和了のとき、ツモ和了の割合が多いから点数が高くなるだけと思っていた。これも確かに原因のひとつではある。その証拠に私自身が打ち方を東風荘と変えずにまったり麻雀で打っても、東風荘よりまったり麻雀のほうが平均和了点数が高くなる。

けれど、それだけではなくて、そもそも一人麻雀レベルで根本部分が間違ってるような気がしてきた。

高めで待ちが狭いテンパイと安めで待ちが広いテンパイのどちらが良いかは残り順目の多さによって変わってくる。
ところが、2向聴や1向聴からテンパイ形を先読みするとどちらのテンパイ形にとるかを到達順目ごとに変えなければいけないはずが、そうなっていないため。むやみに狭い高めにとっているのかもしれない。


しかし、やっぱり図にして考えるといろいろ分かってくる。一度大幅にプログラムを修正する必要があるな。

|

« ゲームの木と、鳴きへの変化を考慮した評価関数 | トップページ | あなたは何%麻雀のことを分かっていますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/40174755

この記事へのトラックバック一覧です: 根本が間違ってるのかも:

« ゲームの木と、鳴きへの変化を考慮した評価関数 | トップページ | あなたは何%麻雀のことを分かっていますか? »