« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/27

熱出した

寒かったり暑かったり雨にぬれたりして風邪ひいた。
ついでに傘一本なくした。
それと、腰を痛めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/24

さて次は

とりあえず、孤立字牌は少なくとも今よりは弱くはならないような評価値を返すようにしておくことにして、次の作業にすすもう。
まずは、期待値型評価関数が高めにとりすぎる問題の解決、そして他家挙動の問題、後は牌画のお絵かきをやっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/22

当たり前の結論

孤立19字牌の優先度程度では、まったくといっていいほど成績に影響が出ない。
すごく当たり前な結論が出た。はあ……最近の評価関数修正は無駄骨ばっかりだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/21

孤立19字牌の価値評価変更中

モンテカルロ・モナコさんの指摘をうけて孤立19字牌の価値評価を確認した、
ソースみたら、公開前に暫定実装したときのヘロヘロなままだった。作業漏れ。
いかんなあ、ちゃんとメモしておかないと……


いくつかの有力な評価関数同士を戦わせてみて一番強いものを採用する予定。

いま自分が最有力と考える新パターンを組み込んだ雀士1人と現バージョン3人とで戦わせてるが、
2000試合で新パターンの平均順位が2.486ぐらい。まだ試行回数が足りなさそうなのでもう少し試してみる。

この評価関数の修正で、掲示板やブログの感想で指摘の多い字牌ドラの扱いも大分マシになると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

天鳳初段到達

天鳳初段到達。
赤あり東風戦メインでやってた。
試合数少ないけど、感触的には特上に到達できないってことはなさそうなので一安心。
Tenhou_prof_20080519


画面構成とか、流局ルールの違いとか赤ありとか東風戦とか戸惑ったけど、割とすぐなれた。
ただ、いまだにツモギリが分かりにくい。特に有料版はFLASH版より分かりにくく感じる。私ってこんなにもツモギリかどうかを気にしながら打っていたのか……

追記:む、ココログのデフォルトだとこんなに画像が大きくなってしまうのか……まいいか。


追記2:
しかし、仮に特上のレベルが第二東風荘と同じぐらいだとしたら、天鳳のシステムだと最上級レベルの段位を狙うなら一般卓で打った方が楽なんじゃないのかな!?
一般卓の赤なし東南戦とか選んでれば、そう簡単には4位にならないだろうから、1位の+得点が低くてもおつりがきそうな気がするけど、実際のところどうなんだろう。さすがにそれはないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

牌画

天鳳の牌画を使わせてもらってレイアウトを大幅に修正するつもりなんだけど、よく見ると、対面用の捨てパイとか、下家、上家の立っているパイがないんで、そこらへんは自分で作らないといけないと気が付いた。

単純に逆さにするだけかと思ったけど、陰影の関係か微妙におかしかったのでちょっと手間がかかりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

【寄り道】2枚飛車vs2枚角

将棋ソフト激指し7購入。強すぎ。さっぱり勝てん。

何か普通に指す以外に、なんか面白い使い方無いものかと思ってやってみたのが、タイトルの「2枚飛車vs2枚角」。

トップ棋士達に最新流行形、将棋のルール、過去の名局についてどんなイメージや大局観を持っているかを聞く、雑誌将棋世界の人気連載「イメージと読みの将棋観」の今月のテーマ図のひとつがこの「2枚飛車vs2枚角」。


Vs


棋士達の代表的なコメントはこんな感じ。

羽生2冠「ははは。これは普通は飛車を持ちます、ただ、やれば結構大変かもしれない。飛車のほうが玉の囲い方が難しそうだから、あまり有利じゃないのかもしれない。囲い方が見えない。」
森内名人「これは、明らかに飛車が有利。なぜなら、2枚の自陣角は同じ筋にあるから、一箇所を集中して攻めるような形にならないと機能しない。」
藤井九段「飛車って、手持ちにしていたり敵陣で竜になっていたりすると使いやすいけど、自陣にあると案外使いにくい。<中略>自陣に2枚も飛車があると困るんですよ」

棋士達はこぞって飛車有利との判断ですが、案外飛車が困るという意見もありました。

たしかに、飛車のほうが強そうですが、羽生さんの言ってるとおり玉の守り方に困りそうに思います。

作戦はどうなるんでしょう?2枚の飛車をどちらかに寄せるのでしょうか?それとも両方居飛車で棒銀?
プロ棋士達は飛車先の歩を突いていって浮き飛車にして歩を掠め取るって感じをイメージしている模様。


さて、激指し7の最強モード「五段+」同士で戦わせてでどうなるか試しにやってみた。

プロは居飛車?とのイメージでしたが、激指しの初手は6八飛車の4間飛車。
駒組み完了時点はこんな感じ。

Vs_6

はからずも羽生の予言どおり?後手はきれいな美濃囲いですが、飛車側が玉の囲いに苦労している模様。

さて、どっちの勝ちを予想しますか?
私には、なんだか後手のほうがよさそうに見えますけど……
激指しの局面評価はずっと先手有利(+200~+300程度)

Vs_3


その後、先手が金を繰り出して、三筋の歩を取りましたが、後手が角2枚をうまく集中させて端攻めで開戦。
森内名人は角2枚は集中させないとつらいといっていましたが、後手番はうまく2枚の角を集中させて使ってきます。
Vs_4


形勢判断は最初からずっと先手が+300程度有利と出ていましたが、以下の局面で逆転

Vs96

その後は後手がうまく寄せ切って後手の勝利
Vs_5

後手番の角2枚の集中のさせ方がうまかったように思います。
一方藤井九段もコメントしたとおり自陣にある飛車2枚は割りと連携させにくかったみたい。
ほかの将棋ソフトでやるとどんな結果になるでしょうね。


*追記
2回戦はこんな感じのもっとマシな駒組みになり、見ごたえのある中盤の攻防戦がありましたが、、やはり角の勝利。
2


自陣付近にある角は敵陣2箇所に効くけど、自陣付近にある飛車は敵陣の1箇所にしか効いてないのが結構響いてきて、角側がうまく手筋を効かす展開になるみたい。3回目も角の勝利。

ほかの将棋ソフトやプロ棋士がやったらどうなるのかちょっと興味があります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/05/07

C-EGG提供の牌画

GUI改善作業を行うにあたり、牌画をどうするか困っていたところ、天鳳のフラッシュ版で利用している牌画をフリーで利用してよいとのこと。
この件について、天鳳のマニュアルのその他の項目に利用にあっての注意書き追加されています

まったり麻雀で利用することは、利用規約的に問題ないそうなので、次回または次々回のバージョンアップで、これを利用させてもらうよう修正する予定。

しかし、太っ腹ですなあ。
ユーザからの意見もよくサービスに反映しているようだし、多くのネット麻雀サイトが林立するなかで天鳳が人気を集めているのも納得する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

さて次はなにをやろうか

次になおすのはどこにするか。
まずは、列挙してみる。

1.  期待値型評価関数が高めにとりすぎる可能性
2.  他家挙動問題
3.  点数状況判断
4.  リーチ後のオート打牌
5.  没にした新アルゴリズムの復活
6.  牌画を大きく
7.  赤ドラ対応
8.  東風戦対応
9.  天鳳のログ収集
10. 向聴数、和了判断部の高速化
11. ソースコード、大きくなりすぎている手牌クラスの分断
12. 戦術クラスと評価関数クラスの役割の明確化
13. ソースコメントのdoxygen化

こんなところかな、1,2,3は途中まで作業していたんだけど、
デュプリケート機能をのんびり作っている間にずいぶんと忘れてしまっているので、
ソースプログラムとにらめっこしながら思い出そう。
まずは1からやる予定。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/05/03

天鳳の牌譜フォーマットの形式

有償のWindows版の天鳳をダウンロードしてプレイしてみた。

なぜか、ただでもプレイできたけど!?体験期間等の設定があるのかな。HPのマニュアル等を読んでみたけれど該当する記述はなかったが……


さて、私としては、対局そのものより、牌譜の取り扱いが気になるところ。

どうも、Windows版はローカルに牌譜が記録される模様です。すばらしいですな。天鳳や東風荘以外でもドンドンこうなってほしいものです。

そこで、早速中身を見てみたが、残念ながら、バイナリファイルだった。
すぐには解析できそうに無かったが、悔しいので調べてみた。

まずは、パケットモニタリングソフトを使って、ネット版の牌譜とローカル版を比較。
その結果、どうも同じ形式らしいということが判明。

ネット版の牌譜を送信しているHTTPのレスポンスヘッダーをしらべたところ、
Content-Encodingにgzipが指定されている。
gzipで圧縮されていることが分かったので、ローカル版のファイルに拡張子gzipをつけて
解凍ツール(lhaplus)に掛けてみたところ、うまく解凍できた。

中からでてきたファイルはどうやらXMLの模様。ちょこっと見た感じだと割りと簡単に解析できそうな雰囲気。


UNタグのn0~n3がプレイヤーのハンドル、danが段、rateがRate、sxが性別
GOタグのTypeが卓種別?
INITタグのseedは良く分からん(供託立直棒などかな)、tenは持ち聴、oyaは親、hai0~h3が牌牌かな?

牌の番号表記はどうやら、
1萬=0~3、2萬=4~7って感じみたいだな。


あとは、ツモと打牌らしいが、何ゆえに、T D U E V F W Gなのかはよく分からんが、おそらく、ID=0のユーザのTがツモの頭文字、Dはドロップの頭文字で、UはT+1、VはT+2、WはT+3って感じなんだろうな。

ほかの情報もあっさり解析できそうだから。東風荘ログ<->天鳳ログの相互コンバートツールならすぐにでも作れそうだけど、既ににだれかチャレンジしてるのでしょうか?私は天鳳関連のBBSとかぜんぜん見ていないので、そういった情報しりません。知っていたら情報ください。できれば自分ではやりたくないってのが本音です。

ちょっと、気になるのが、バージョンが2.3というところ。
つまり、結構頻繁にフォーマットを変えているということなのかな。


<mjloggm ver="2.3">
<GO type="1" />
<UN n0="名前のため消去" n1="名前のため消去" n2="%6B%6D%6F%32" n3="名前のため消去" dan="11,0,1,8" rate="1616,1500,1519,1328" sx="M,M,M,M" />
<TAIKYOKU oya="0" />
<INIT seed="0,0,0,2,4,62" ten="250,250,250,250" oya="0" hai0="28,0,25,22,110,40,1,50,2,104,23,64,120" hai1="27,7,122,11,91,126,95,87,121,16,100,26,82" hai2="105,17,80,92,3,115,112,53,37,127,90,55,113" hai3="134,98,86,109,54,68,21,119,12,41,46,5,19" />
<T42 /> <D120 /> <U74 /> <E74 /> <V66 /> <F127 /> <W77 /> <G119 /> <T81 />
<D104 /> <U72 /> <E72 /> <V123 /> <F123 /> <W96 /> <G5 /> <T57 /> <D81 />
<U88 /> <E126 /> <V132 /> <F105 /> <W20 /> <G109 /> <T94 /> <D94 /> <U93 />
<E100 /> <V129 /> <F129 /> <W33 /> <G134 /> <T38 /> <D38 /> <U58 /> <E82 />
<V84 /> <F132 /> <W106 /> <G33 /> <T125 /> <D125 /> <U79 /> <E79 /> <V10 />
<F37 /> <W116 /> <G116 /> <T83 /> <D83 /> <U114 /> <E114 /> <V124 /> <F124 />
<W117 /> <G117 /> <T30 /> <D110 /> <U18 /> <E27 /> <V69 />
<F80 /> <W15 /> <G106 /> <T99 /> <D99 /> <U9 /> <E122 />
<V8 /> <F8 /> <N who="1" m="3145" /> <E121 /> <V78 /> <F78 />
<W128 /> <G128 /> <T6 /> <D6 /> <U76 /> <E7 /> <V63 />
<REACH who="2" step="1" /> <F17 /> <REACH who="2" step="2" /> <N who="1" m="6761" />
<E76 /> <V24 /> <F24 /> <W65 /> <G65 /> <T73 /> <D73 />
<U70 /> <E26 /> <V75 /> <F75 /> <W97 /> <G97 /> <T101 />
<D101 /> <U71 /> <E58 /> <V47 /> <F47 /> <W85 /> <G85 />
<T48 /> <D48 /> <U45 /> <E45 /> <V44 /> <F44 /> <W51 />
<G51 /> <T13 /> <D13 /> <U52 /> <E91 /> <V43 /> <F43 />
<W32 />
<G32 />
<T89 />
<D89 />
<U34 />
<E34 />
<V118 />
<F118 />
<W107 />
<G107 />
<T108 />
<D108 />
<U60 />
<E88 />
<V131 />
<F131 />
<W102 />
<G102 />
<T4 />
<D4 />
<AGARI ba="0,1" hai="3,4,10,53,55,63,66,69,84,90,92,112,113,115" machi="4" ten="40,2600,0" yaku="1,1,52,1,53,0" doraHai="62" doraHaiUra="14" who="2" fromWho="0" sc="250,-26,250,0,240,36,250,0" />

以下省略

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/05/02

Version0.8.17公開します

デュプリケート対局機能を追加したVersion0.8.17を公開しました。
ダウンロードの右のサイドバーのダウンロードアイコンをクリックしたページからどうぞ。

バグや要望等あればぜひコメントください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/05/01

もうちょっと

Version0.8.17として公開したい機能はほぼ出来上がり、配布物をまとめて、ドキュメントを書いている最中。もう少し試してから公開する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »