« 役判定部分まで完了 | トップページ | ちょっとだけ修正 »

2009/09/05

V0.9の画面構成案

Ver0.9.xの画面構成案をお絵かきツールを使って作成中。
とりあえず今はこんな感じを考えている。(ピクセル単位の調整はプログラム化するときにする。)

V09
(画像をクリックすると等倍の絵になります。)

これで、1024x768ギリギリ。しかも、タスクバーがかぶってしまう。
壁紙(?)は好きなビットマップ画像で置き換えられるようにする予定。
もう少し、中央部分を何とか見栄えよくしたいところ。
得点表示の部分はバックをダークグリーンの四角で囲うようにするつもり。
それと、牌画に影をつけたいが、VCにはそんな便利はライブラリ無いから、そこらへんの描画について勉強しないといけないだろうな。

捨て牌を6枚切りにすると、捨て牌の両サイドのスペースがなんかもったいない感じがする。
コンピュータ的には9枚切りの方が効率的だけど、麻雀のルールにいまさら効率を求めても仕方ないか。

ひいいさんの研究ページによると、ツモ数は、最大で27枚とのことだけど。鳴かれた牌を、描画しない場合は、河に並ぶ牌は24枚ですむはず。ただ、自分で試行錯誤して出てきた数で理論的に求めたものではないので、自信ない。プログラム上は30枚程度まで捨て牌が描画できるようにしておくつもり。

|

« 役判定部分まで完了 | トップページ | ちょっとだけ修正 »

コメント

6枚切り→8枚切り→10枚切り→12枚切り とすると36枚くらい描画でき、3段目までで24枚ありますよ。

投稿: 我打麻将 | 2009/09/06 08:42

ん?よくわからないのですが、最初6枚ギリで配置しておき、スペースが足りなくなったら、捨て牌の2段目の1枚目と2枚目を1段目の7枚目、8枚目にするような感じに配置しなおすってことでしょうか。

なんとなく、フリ聴の位置とか覚えにくくて不評を受けそうなのが気になりますが、そもそも、そんな頻繁に起こる現象ではないので、それでもいいのかもしれませんね。

ともかく、3段に収める方向で、レイアウト案も作るようにします。

投稿: kmo2 | 2009/09/06 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/46129489

この記事へのトラックバック一覧です: V0.9の画面構成案:

« 役判定部分まで完了 | トップページ | ちょっとだけ修正 »