« 鳳凰卓400戦 | トップページ | 手牌Viewクラス作成中 »

2009/11/06

【感想】ネット麻雀・ロジカル戦術入門

ネット麻雀・ロジカル戦術入門
ネット麻雀・ロジカル戦術入門桐島 いつみ

洋泉社 2009-10-24
売り上げランキング : 710

おすすめ平均 star
star妄信しても上達できそうな数少ない良書
star何切る問題 東風版

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近代麻雀で連載されているコラムを単行本化したもの。43問の平面なに切る問題に対して、どういった理由で打牌を選択するかが書かれている。加えて、雑誌連載時には、なかった、ベテランプロ雀士、若手プロ雀士、ネット雀士の強豪3人による回答もショートコメント付で掲載されている。

私も、ひととおり、自分なりの答えを決めて、個々の問題の解説を読んだけれど、概ね納得のいく回答&説明がされている印象を持った。

ただ、いくつか、疑問を持つ回答もあることはあった。
たとえば、20問目のW立直をとるか、良形テンパイをとるかの問題。

一三六六六m/789p/234789s/  (ドラ九万)

解説の中で、19種類で良形テンパイとなり、1種(九万)で高得点となるからここはリーチせずとあるけれど、点数が高い悪形と、点数が低い良形待ちのどちらが良いと筆者が考えているのかよくわからない。
まずは、そこをロジカルに示す問題を出題しておいてから、この問題を出してほしかった。

ちなみに、一般に、悪形高打点と良形低打点の比較は、残りツモ巡が多ければ多いほど、悪形高打点が有利になるので、
今回の問題のような、
1.点数状況の制限なし
2.配牌状態
3.良形待ちになるのは数順後
という状態で、良形低打点が有利というならば、平場の状態では全て良形低打点を選択したほうが良いという理屈になる。この問題で、点数が低くなるが待ちがよくなる変化を良形変化としてカウントするのは違うんじゃないかと思う。なので、W立直を掛けないのはおそらく間違いだと思うけど、真実はどうなんだろう。

作者が良く打っているネット麻雀「天鳳」のルールが東風戦であり、段位制度ががラス回避を重視したほうが有利であるようになっていることによるものかもしれないが、この本では、悪形待ちテンパイを低く評価する傾向があるように私には思える。

また、「受け入れが何枚あるから、テンパイまで平均で何順かかる」というような説明がよくされているけれど、これも、本当は正しい計算のしかたではない。

でも、まあ、しかし、答えを導き出すプロセスに、ある程度納得のいく説明をしてくれている麻雀本は、それほど多くない。仮に、回答に間違いがあるとしても、思考のプロセスが書かれていてるので、自分で考えて、再検証が出来る点は良いことだと思う。

全体的に、文章も構成も読みやすい。また、数値が、統計データによるものか、経験的主観によるものなのか判断がつくように書かれており、かなり良心的な印象を受ける。

総じて、代金分の価値は十分あり、お勧めできる本だと思う。

|

« 鳳凰卓400戦 | トップページ | 手牌Viewクラス作成中 »

コメント

その例題はまったり麻雀のAIだとどう判断するんですか?

投稿: aaa | 2009/11/06 22:02

即リーします。
少なくとも、局単体での収支では、即リーで正解だとおもってます。

まったりの配牌いじって何万回も同じ配牌で検証しようかとも思ったんですが、序盤では、まったり麻雀は人間よりあっさりとオリに回るので、リアリティのある結果は出なさそうで、あきらめました。

統計的に答えを出す方法はアリな気がしてますが、いまはVer0.9のための全面的な作り変え作業で手が一杯で、手が回らないのが現状です。

投稿: kmo2 | 2009/11/06 22:24

まったり麻雀のAIでは即リーという事ですが、そうでない場合を考慮しての判断ですか?
もし考慮しているなら、どれくらいの差で即リーを選んでいるかわかりますか?

差は期待値なのか、内部的なポイントなのか分かりませんが、僅差なのか断然即リーなのか?を知りたいです。

投稿: idaten! | 2009/11/12 09:21

評価値を出すためには色々改造しないといけないので、勘弁してください。
それと、今回の牌勢での字牌単騎へ変化のような、点数が下がり、受け入れ枚数も減り、シャンテン数も実質悪化する三重苦な変化は最初からカットしているので、あまり意味ありそうにありません。

投稿: kmo2 | 2009/11/13 03:19

天鳳の東風赤速特卓で勉強中の雑魚です。
面白そうな本ですね。(43問しかないなら、こんな限定的な問題出す前にもっと他に出したい問題なかったのかと突っ込みたいことを差し引いても。)

正解はわからないですが、私はダブリーしますね。

ひょっとすると
n巡目の良形リーのみ<愚形ダブリーのみ<n巡目の良形リー平和、リーアカ
という優位順で、ダブリー取らずの場合を足し合わせるとダブリー取る場合に勝るのかもしれません。

n巡目の良形リーのみ、愚形ダブリーのみの平均打点、和了率、放縦率をこの牌姿とは関係なく実測データから検証するのがいいんでしょうが、データ自体もないし検証法から学ばねば・・・。

1)ダブリー
打3m 1m単騎ダブリー(数牌の端待ちを優先、6m使い切れる)
打6m 2mカンチャンダブリー(枚数優先)

2)ダブリー取らず
打1m 2mツモ 1-4m平和フリテンリーチ
打1m 3mツモのみ(取らず?)

打1m 4mツモ 2-5m平和リーチ(アカ待ちあり)
打1m 5mツモ 4-5-7m変則3面張リーチ(アカ待ちあり)
打1m 7mツモ 5-7-8m変則3面張リーチ(アカ待ちあり)
打1m 8mツモ 7-8m変則リーチ
打1m 6pツモ 6-9pのべ単リーチ
打1m 9pツモ 6-9pリャンメンリーチ
打1m 1sツモ 1-4sのべ単リーチ
打1m 2sツモ 2-5sリャンメンリーチ(アカ待ちあり)
打1m 4sツモ 1-4sリャンメンリーチ
打1m 5sツモ 2-5sのべ単リーチ(アカ待ちあり)
打1m 6sツモ 6-9sのべ単リーチ
打1m 9sツモ 6-9sリャンメンリーチ
打1m 東南西北白發中ツモ 字牌単騎リーチ

打1m 9mツモ 9m単騎リーチドラドラ

投稿: | 2009/12/23 10:38

そもそも、ダブリー2カンチャン待ちはそれほど悪い待ちじゃないと思うんですよね。小倉プロの理屈を借りれば、どうせ、5がでたら、2は捨てられるんで、限りなく2-5待ちに近い和了率になるわけです。

この本だと、「平均和了順目はn順目」という言い方を好んで浸かってますが、これはツモが無限大にある場合には正しいですが、「流局してあがれないケースもある麻雀で、あがれなかったケースをどうやって平均順目の計算に換算するのさ?」という当然の疑問もあり、この考え方自体がロジカルではなくておかしいと思います。判りやすい説明のための方便として確信犯的に、作者はこういった言い回しを使っているのでしょうが、この言い方だと和了枚数が半分だと常に半分くらいしかあがれないような印象を受けるけど、実際愚形リーチと良形リーチではそれほど和了率に差はでないわけで、ここでWリーチしない理屈なんて存在しないんじゃないかと私は思ってます。

ま、いずれにせよ、この程度の問題くらいは数値化できるようなアルゴリズムとツールを作りたいです……

投稿: kmo2 | 2009/12/24 00:30

統計的に考えてみると、ダブリーの和了り率は(愚形、好形ふくめて)70%前後あります。つまり、どんなに愚形でもダブリーであれば60%以上の和了り率は見込めると考えられます。

単純に計算するためには、『好形になる牌をツモる確率A×その形でアガる確率B=C』と、『カンチャンの2をツモる確率D』を比較すれば良いと思います。Aが30%、Bが10%の場合、Cは3%です。たとえDが4%の愚形でも、そちらのほうが高確率で和了りが実現します。また、ダブリー確定で点数も高いし、なによりも1巡目から和了りのチャンスがありますからね。

この問題は間違いなくダブリーをすべきでしょう。まあ、美意識の高い人(弱いプロ)ほど愚形を嫌いますから……

投稿: 統計的に考えて | 2013/05/15 00:01

あれはさすがにダブリーだと思いますよね

投稿: kmo2 | 2013/05/25 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/46666540

この記事へのトラックバック一覧です: 【感想】ネット麻雀・ロジカル戦術入門:

» ネット麻雀・ロジカル戦術入門 [麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!]
ネット麻雀・ロジカル戦術入門 著者: 福地 誠  漫画: 桐島 いつみ 単行本(ソフトカバー) 出版社: 洋泉社 発売日: 2009/10/24 価格: 1,365円(税込)     ■ 内容紹介   ★ネット麻雀時代の新セオリー! これがR(レート)と金の必勝法だ! 「ひらめき... [続きを読む]

受信: 2009/11/06 22:40

« 鳳凰卓400戦 | トップページ | 手牌Viewクラス作成中 »