« 牌譜ほぼ完了 | トップページ | それにしてもバグが多い »

2011/03/02

確率モデル部分作成中

過去の牌譜をベースに相手雀士の行動を確率で予測する処理部分を作成中。
ここの部分はVer0.8のものをべたにVer0.9に持ってくるだけ。

脳内ではマルチコアで探索するための再帰呼び出しを使わない読みロジックを考え中。
これは、この前買った並列コンピューティング技法の本で紹介されていたやり方をベースにする予定。


それとは別に、序盤の評価関数についても修正方法も妄想中だし、高速化の手法、鳴き、立直判断の修正、点数状況判断の修正も考え中。いろいろやりたいアイディアがあるけれど、作業が追い付かない。

|

« 牌譜ほぼ完了 | トップページ | それにしてもバグが多い »

コメント

頑張ってください!

投稿: | 2011/03/03 02:49

作業のほうは無理なさらずに楽しめるときにゆっくり進めてください。
気長に楽しみに、「ver0.9」をお待ちしていますw

さて、マッタリ麻雀の機能に(というのかな?)に関して個人的な要望があります。
現行ではルール変更は不可能ですが、ver0.9での赤ドラ対応により、
赤の有無に関して変更できるようになるものと推測しています。
そこで、それ以外にもルール変更できるような点を付け加えてはいかがでしょうか?

投稿: 中 | 2011/03/03 11:40

以下に、対応することで麻雀ソフトとしての幅が広がりそうなものを挙げてみますので、
賛同できるものがありましたらぜひ加えて頂きたいです。

○東風or東南
○25000持ちor27000持ち(30000持ちもあっていい?持ち点と清算原点を自由設定もアリ?)
○順位点の変更(自由設定?)
・和了連荘or聴牌連荘or総連荘
・クイタンの有無
・一発赤裏でのチップの有無
・一発、裏ドラ、カンドラの有無

現状最強の麻雀ゲームなので、対応していただけると打ち方の研究などにも使えそうなので、
身勝手ながらご期待しています。

投稿: 中 | 2011/03/03 12:03

東風荘の牌譜形式や牌譜ツール等との関係上、どうしてもルールに制約が出てしまいます。

そういった意味で、カンドラの有無や即乗り、チップなどは実現が難しいです。

また、思考ルーチンに大きな影響を与えそうなルールも実現が困難です。弱いまったり麻雀に存在価値なんてないでしょうし。


しかしながら、東風戦/東南戦の選択、赤のあり/無しはVer0.9の初期段階で選択できるようにしたいと思います。また、連荘ルールはより一般的なルールに変えようかとも思っています。


投稿: kmo2 | 2011/03/04 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/51016284

この記事へのトラックバック一覧です: 確率モデル部分作成中:

« 牌譜ほぼ完了 | トップページ | それにしてもバグが多い »