« Ver0.9初和了は30符4飜 | トップページ | なんか、妙に速いような…… »

2011/04/23

まったり麻雀Ver0.9のリリース時期

唐突だけれど、ソース管理システム(subversion)の各リビジョン毎のソース行数をcsv化するスクリプトをつくってEXCELでグラフにプロットしてみた。

Photo

表向きの稼業の忙しさや、作成しているモジュールの難易度に依存して、もっとギザギザのグラフになるとばかり思っていたのだけれど、意外なほど、コンスタントな作成状況になっている。
忙しくても少しずつ時間を割いて地味に作業を進めていたのと、暇な時でも、飽きっぽくて1日に長く作業をしていられない性分がコンスタントなグラフになって表れた様子。

ビルゲイツに言わせると、ソフトウェアの進捗状況をソース行数で測るのは、造船の進捗状況を作成中の船の重さで測るのと同じぐらい莫迦げているらしいけれど、プロのソフトウェア開発作業と違って、まったり麻雀の場合、調査、設計、製造、試験の工程をかなり小刻みなサイクルで回しているので、規模で作業の進み具合の目測が付くのではないかという気がしている。

ちなみに、Ver0.8の総規模は約2万1千行。Ver0.9の初回公開版をどの程度の機能まで作って公開するか未だ決めていないけれど、仮に、Ver0.9の規模がVer0.8と同等程度だとすると、このグラフからは、公開できる時期は来年の上半期あたりになりそうな感じがする。


|

« Ver0.9初和了は30符4飜 | トップページ | なんか、妙に速いような…… »

コメント

頑張ってください。期待してます

投稿: | 2011/04/23 06:22

ソースが膨らんでいるうちは安定しないですよ。

投稿: | 2011/04/24 09:43

密かに応援してます。期待してます。

投稿: | 2011/04/24 18:20

ども、何とか頑張ります。

投稿: kmo2 | 2011/04/24 22:34

>ソースが膨らんでいるうちは安定しないですよ。

普通そうですよね。
規模にしろ、バグ数にしろ、成長曲線みたいな感じになるのがセオリーのはずですよね。

細かく見てみると、2009/9~2010/10付近で成長曲線になっていて、そこからまた新たにリニアに伸びてる感じなんですが、2009/9~2010/10はGUIモジュールを作っていて、2010/11以降に、思考部分を作ってる感じなんです。さらにもっと細かく分類してみるとそれぞれ機能ブロックの区切りでは、成長曲線になってなくもない感じではあります。

最終的にリリースする前には、ある程度伸びが止まってないとおかしいですね確かに。

投稿: kmo2 | 2011/04/24 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/51468041

この記事へのトラックバック一覧です: まったり麻雀Ver0.9のリリース時期:

« Ver0.9初和了は30符4飜 | トップページ | なんか、妙に速いような…… »