« まったり麻雀Ver0.9.3公開します | トップページ | データ構造修正中 »

2011/11/22

まったり麻雀Ver0.9.4公開します

リーチ中に赤5を積もったとき、本来暗槓可能なケースでも暗槓できない問題を修正しました。

再三再四バグ修正を繰り返しすいません。お手数ですが、ダウンロードを願します。

|

« まったり麻雀Ver0.9.3公開します | トップページ | データ構造修正中 »

コメント

キター

投稿: | 2011/11/23 16:19

おまたせしました。
何か、気が付いた点あればまたコメントください。

投稿: kmo2 | 2011/11/23 22:57

迅速なVerup本当にありがとうございます。
今回はバグではなくちょっとした要望なのですが、和了や流局があった際に出る画面が上家と下家の手牌がギリギリ隠れてしまう感じなので、ほんの少しだけ横幅を小さくしてみるのはいかがでしょうか。
結構私は和了や流局時に他の人の手牌を見るタイプなのでご考慮いただければ幸いです。

投稿: らじまる | 2011/11/24 01:38

なるほど、そこは考えてませんでした。検討します。

ただ、大分前に決めたので忘れかけてますが、ダイアログサイズを今のサイズにしているのも確か理由があったはずなのです。

たしか、大明槓4つの四槓子がぎりぎり収まるサイズに合わせていたはずです。

なので、単純にサイズを小さくすればいいというものでもありません。画面のレイアウト変更は何かと大変なので、すぐにはできません。すいません。

もしかするとやらないという決断を下すかもしれませんが、ご意見は、今後の参考にさせてもらいます。


投稿: kmo2 | 2011/11/24 01:57

以前のバージョンから遊ばせて貰っています。
バージョンアップしてだいぶ画面も見やすくなったと思います。

バグではありませんが、9ピンの色がおかしい、と思います。
縦に赤丸が並んでいますが、赤丸は真ん中の横に並ぶのが正しいと思います。
修正いただければ幸いです。

投稿: sigo45ch | 2011/11/25 20:39

牌画は天鳳のC-EGGから許可を得て利用させていただいているものです。一応改変の許可ももらっていますが、個人的には、元のデザインを尊重したいという思いも多少あります。

私自身が絵書くのが下手だというのもあり、後ろ向きでしたが、以前にも別の方から、ご指摘いただいてますし、ちょっと検討してみます。

投稿: kmo2 | 2011/11/26 00:46

待っていました、早速ダウンロードして遊んでいます。
何切るの実装があったら良いなと思うのですが難しいですか?
特に鳴きや終盤のダマテンに対してのフォローが上手くなれないので参考に出来たらいいなと。

投稿: raika | 2011/11/26 12:45

>何切るの実装があったら良いなと思うのですが難しいですか?

実装自体は難しくはないのですが、ひとが難しいと思えるような局面はコンピュータにとっても難しくてやはりなかなか納得のいく打牌を、CPUがまだしてくれない点があり、実装していません。なので、いまは、人間よりコンピュータの方が正しい判断を下すであろう牌の危険度の表示にとどめているのが現状です。

いま、開発検討段階の次のメジャーアップデート版まったり麻雀では、思考ルーチンについて大幅な改良をする予定です。

その新型思考ルーチンの出来しだいで、raikaさんのご要望に応えられるような機能が実現できるようになるかもしれません。

投稿: kmo2 | 2011/11/26 13:04

けっこう早打ち練習に活用させてもらってます。
迷ってリーチを選択したあと、キャンセルができたほうがいいかもしれないので、
リーチを2度押したらキャンセルが利くようにしてはいかがでしょうか。

投稿: 中 | 2011/11/27 23:33

>リーチを2度押したらキャンセルが利くようにしてはいかがでしょうか。

たしかに、キャンセルできた方が便利そうなので、鳴きと合わせて、キャンセルが利くように、次の版で修正する方向で考えます。

投稿: kmo2 | 2011/11/29 21:50

いつもお世話になっております。
早速本題ですが、対戦の一局終了後の和了や流局の内容の画面が卓の方をクリックしてしまうと後ろ側に隠れてしまい、その後再度その画面を出してOKボタンを押すのに一手間かかってしまうので、和了内容等の画面は常に最前面にくるようになっていると便利かと思いました。よろしければご検討くださいませ。

投稿: らじまる | 2011/12/03 01:16

和了確認画面についてですが、これ、両方の意見があるんですよね……

画面チャプチャしたいから後ろに隠れる方がいいという意見がVer0.8のときにあって、今回そうしたんです。

それと、Ver0.9のように自分でグラフィックを描画するウィンドウの場合、画面の最前面に固定しないようにプログラムを作るのがプログラム上の標準なんです。

ちょっと凝ったことをしないと、最前面に固定できない上に、そのちょっと凝ったことと開発用ソフトウェアが相性が悪くて、私にとって、ものすごくやりにくいんで、今回こうしてます。

正直らじまるさんのような意見が出るだろうことは想定していました。結局、どちらを選んでも逆の要望がくるので、私がやりやすいほうを選びました。ご了承ください。


投稿: kmo2 | 2011/12/03 01:25

クラウド時代を想定してブラウザ上で動作するようなものはどうでしょう?グーグルのChrome OSのようなものまで出てきているので、ネット環境があればネット麻雀天鳳のようにいつでもどこでも麻雀を打てると思います。

投稿: mmc | 2011/12/03 15:00

当面はやる予定はありません、理由は単純で「金と時間」です。

クラウドタイプは運営に金がかかるんですよ。
無料提供してるソフトにウン万円/年間のランニングコストは痛いです。

それと、時代に合わせようとすると、タイムリーに開発&提供を行う必要が出てきて、時間に追われる作業になってしまいます。
マッタリプログラミング日誌どころか、セカセカプログラミング日誌になってしまうんで、乗り気ではないです。
金目当てならそれでもいい、というか、そうであらねばならないのでしょう。しかし、すきまの時間を見つけて趣味で少しずつ作業をしようとすると、完成したころには、「クラウド?なにそれ、ああそういえば、そんなの昔あったような気がする。」って感じになってしまいます。

そして、結局時間がないから、やめたと3日ボウズで終わるわけです。そうして、中途半端に終わったソフト開発プロジェクトを数多見てきています。

そういう意味で、あえて麻雀という良い意味で時代変化のすくなく、競争相手がいない、枯れた素材と環境を選んでいるのです。


納得のいくものが出来上がったら、そのあとで別プラットフォーム展開を考えるかもしれませんが、当面は、今のままです。

投稿: kmo2 | 2011/12/03 15:49

>どちらを選んでも~
なるほど、確かにキャプチャなどしたい場合は隠れてくれた方が助かりますね。
それに、kmo2さんが一番作業しやすい環境であることの方がより大切だと思いますので、もう100%近く完成してやることなーいとなってから、付け足しでオプションで最前面にするにチェックを入れれば前に来るようになる機能にする等、頭のものすごーく端っこのほうにでも留めておいて下さるだけで幸いですbleah

投稿: らじまる | 2011/12/03 17:16

オプションって手はありそうですね。隠しオプション的な使い方ななるかもしれませんが、ちょっと検討します。

ただ、まあ、意見を寄せない大半のユーザは「そんなことどっちだっていいから、別の機能を優先しろ」って感じなんだろうと思いますので、優先度は低くなると思います。

投稿: kmo2 | 2011/12/03 21:36

 200回以上打ってるんですが、全く歯が立ちません。運が悪いとかじゃないです。
 まったり麻雀は天鳳でいうレート2000?でしょうか?レート1800、1900、最強と3つを選べるようにするというのはどうでしょう?

 現在、上にコンピューター判断はあるのですが、よりスピーディーにするために手牌の右端に設置し、押し続けている間は推し引きや、牌の危険度を表示、離すと自動でウィンドウが閉じる機能があると便利かと思います。

投稿: 脳とれ | 2011/12/03 22:35

まったり麻雀の強さですが、実際なところはよくわかりません。
私自身が大体天鳳では1950~2000の間を行ったり来たりしていて、まったり麻雀と東南戦でやると負けてるので、大体2000位と思っているという程度です。

強さの選択ですが、次のメジャーアップデートでは、思考ルーチンを強化を予定していて、そこで思考時間の長さ調整をできるようにして、多少、強さ調整ができるようにするかもしれません。
ただ、当面は今の思考ルーチンより強くなる方向で調整していく予定です。

コンピュータ判断にについてですが、画面にボタンを配置するなどのメニュー以外の方法で開いたり閉じたりするのは、機能追加していくうちに、段々とボタンの置き場所が無くなるので、当面はメニューのままとする予定です。
ただ、ウィンドウを開きっぱなしにしたいというニーズはありそうなので、そこらへんは検討します。


投稿: kmo2 | 2011/12/04 01:05

デュプリケート機能で大変勉強させていただいています。
ご質問なのですが、私の環境ですと、デュプリケート後の結果表示画面での牌譜再生が正常に動作いたしません。考え得る原因があれば、ご教授いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

投稿: NoCHANCE | 2011/12/06 01:06

牌譜再生の画面で、ブロックされているコンテンツを許可してみてください。その後、緑色の四角い部分をクリックしてみてください。

投稿: kmo2 | 2011/12/06 01:51

押し引き判定の質問なんですが、「引き」の場合、ベタオリが確実に成功するという前提か、それとも降り打ちも含めての「引き」でしょうか?

投稿: | 2011/12/06 20:48

>それとも降り打ちも含めての「引き」でしょうか?

オリ打ちを含めてます。また、引きとは、もう完全に上がることをあきらめた状態のみをさしてます。
いわゆる回し打ち程度は、押しと判定されます。

投稿: kmo2 | 2011/12/06 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61182/53309648

この記事へのトラックバック一覧です: まったり麻雀Ver0.9.4公開します:

« まったり麻雀Ver0.9.3公開します | トップページ | データ構造修正中 »